読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tofu*nikki

湯豆腐メンタル

ハシゴしてもお目当ての本が見つからないので本屋が好きな理由を語った

日常

 

先々月くらい?からずっと探している本がある。

しかも先月や今月でも欲しい本が増えてしまい、買いたい本リストが溜まってきた…

 

しかし私は本屋に行って見つけたいのである

どうしても早急に欲しい本はネットで頼むんだが、普段はなるべく自分の足で本屋に通い、見つけ出すというのがモットー?自分の中で一種のミッションみたいな…そんな感じ('ω')

大体の人はその手間を嫌がってネット通販に頼るのに、何で私は本屋にこだわるんだろうとこの1月はずっと考えていた(たまに)

 

多分、街の本屋に(ハシゴしながら)行き、沢山の本の山から苦労して探し出して、見つけたときの快感・達成感が好きなんじゃないかなあと思った。

もしそれが棚に並べられているラスト一冊の本なら、尚更テンションはグンと上がる。

本を見つけ、ワクワクしながら会計を済まし、店員さんの手で大切に袋の中にINされた本を受け取ったらもう昇天する〜(    ε¦) 0

待ちきれない時は、帰り道にカフェに寄って読むか、駅の待合室でもう読んでしまう。

でも家でほっこり落ち着いて温かいお茶をすすりながら、本を読み始める瞬間が好きなので我慢する。

 

私の中で本屋さんに行ってお目当ての本を見つける感覚は、例えばポ◯モンのダンジョン探索中にふしぎなアメか何かレアアイテムを見つけるように、RPGの冒険中に偶然レアなものを見つける感覚と似ている…のかもしれない

一方でネットで本を頼むのは攻略本を見ている感じだ…「ここで手に入りますよ」と誘導されている感がある。

じゃなくて、私は自力で見つけ出して、あの達成感を味わいたいのだ。

だから本屋さんが好き🙏本屋という伝統文化(?)は私が死ぬまで消えないで欲しい…

 

しかし著作年がちょい昔の本は中々見つからないものですね…そこは苦労する💦

 

 

※「図書館に行けば良いんじゃね?」とよく友人に言われるが、私は欲しい本はなるべく自分のものにしたいタイプなのだ…

※ネット通販が悪いというわけではなく、ただ私が本屋で本を探すことにロマンを感じているということをお伝えしたかったのです(伝われ…!)